辻 邦と 青山和子と 生田きよみの 
子どもの本の同人誌です
ゆるーく続けて、25年。
私達のホームページにようこそ! 
2020年10月22日 更新 
辻邦 生田きよみ 青山和子
短編 読み切り 本の紹介
 小さな家 北極から 『男のおばあさん 楽しく年をとる方法』永六輔 
温泉旅行 ハマヒルガオ 『自鳴琴からくり人形・江戸職人奇譚』佐江衆一
 大切なもの 「うしろすがたが教えてくれた」清水玲子
  バスを待って     
待ちぼうけ     
流しの前      
 料理の達人     
     
 
管理人 辻邦

 

私は、子どものころから本を読むのが大好きでした。

いろんなことを空想したり,物語を考えたり,詩を書いたり

今でも同じです。それで、このページを続けています。

ページ作り、挿絵、77歳の老婆が自己流でやっています。
      

     
 
 青山和子                      
 「私の読んだ本」の掲載はじめました。
 よろしくお願いいたします。
いろいろ読んでいます。
  
                    辻 邦
 短編の掲載を始めました。
 物語の主人公たちは大人です。なぜ大人か?っていうと、今伝えたいのが大人の気持ちだからです。子どもの時、私はすごく大人に興味があった。
 人は「過去」の続きで生きています。
 大人は子どもの続きです。子どもは身近な大人と一緒に生活します。どんな大人と暮らしたいかは、選べません。でも、どんな大人になりたいかは、自分で決められます。思い通りにはならなくてもね。

 そんな様々を分かりやすいことばで、書いてみたいと思っています。


    生田きよみ
 
new 読み切りの新作書いています。読んでください!
 
    雑誌「日本児童文学」の9・10月号に作品発表しました。
    短編「ノッコちゃん」
    図書館にあると思います。読んでください。


 「モモちゃんのさがしもの」書き上げた! 長編

 よろしくお願いいたします

 
辻邦の棚  生田きよみの棚  青山和子の棚 
短編  連載 この本 
この本  読み切り  わたしの読んだ本 
poetry
   
 著者紹介  著者紹介 著者紹介 


 
お知らせ fecebook やっています。近況は、こちらでご覧ください

 index.html へのリンク